DSCF4838 DSCF4837

DSCF4841
昨日、かぢやにお邪魔した時、イツエさんが出してきてくれた、盆踊りの扇子。

悟さんが使っていたものだったそうで、新しい物から使い込んだものまでありました。

この4本のうち1本には扇の裏に手踊り(盆踊り)の唄がいくつか、書かれていました。



KIMG0930 KIMG0932

ご先祖さまを送りました。

本来は、15日~16日に日付が変わってすぐに送るのですが、

「今年は寝ちまってよ~。へへへ..。」
と、いつもの笑顔。

お陰で一緒に送らせてもらえました。


DSCF8676 DSCF8675 DSCF8670
DSCF8686
DSCF8739

今日は念仏踊り3日目。
演じる前、衣装に着替えるときは笑顔の余裕があります。が、終った後は「あと1日だ〜」という声も聞こえました。
今日は2軒の新盆供養がありました。


DSCF8594
DSCF8621
DSCF8626

8月13日から念仏踊りが始まりました。

13日は和合の人たちが氏子になっている熊野社から始まります。

神社、和合の開祖の宮下家、お寺の3箇所で踊ります。宮下家では当主が裃を着て、家紋の入った提灯を掲げて出迎えます。

14日、15日は、新盆供養。

最終日の16日は再び、神社、宮下家、お寺の3箇所で。
ただし15日の深夜に送り火をして、ご先祖様には帰ってもらうので、16日は簡素な踊りになります。



IMG_2906

今日から念仏踊りが4日間続きます。

今日の午後はハタツギと言って、念仏踊りに使う道具の補修作業。

太鼓のバチ、傘、灯篭、鐘、やっこの傘など、いろいろな道具を修理して4日間に備えます。

ハタというのは、南無阿弥陀仏と書かれた小さな幟のこと。

おそらくこのハタを修理する、という意味でハタツギと言ったのではないでしょうか。