国土調査は昭和40年ごろから始まっている国の事業です。
所有者と一緒に境界を確認して、必要ならば草刈りをして仮の測量杭を打ちます。
このあと、測量業者の方がこの仮の杭に沿って測量します。

和合も順次測量が進んでいますが、あまりに広いのでかなり時間がかかっています。

この日は鈴ヶ沢で、仮の杭打ちと境界の草刈り作業でした。

国土交通省のサイトで、阿南町の進捗状況の地図がありました。
こちら
阿南町では和合地域だけが、未調査になってますねぇ。

あっ、あの栃の大木はやはり所有林の境界の目印だったんですね。

2年ぶりに再会した栃の木。 この栃の大木の記事はこちら。 


選挙の日曜日の夕方から夜にかけて台風が通過して行きました。
月曜日の朝、日の出とともに田んぼと畑を確認に出かけました。

道路がこの程度で済んだのは幸いでした。

和知野川はかなり増水していて、県道のトンネルの上から水が出ています。

こんな車も待機していましたが、停電はなかったようです。

田んぼと畑は無事でした。




8日、好天に恵まれた日曜日、和合の子どもも大人も、和合以外の人も集まって、年に一度のお楽しみ、大運動会が開催されました。

和合小学校4人の子どもたちの入場です。
その後に大人たちが続きます。

和合の運動会の競技は、ペットボトルの上にソフトボールを載せて走るなど、レクレーションが中心です。

 

和合以外の子どもたちも参加して玉入れ。

  

和合小学校名物一輪車による演技。

ロープを引き出すと、長さがいろいろ。
もちろん長いほうが有利です。

和合小学校の校歌に合わせてみんなでダンス

全員でじゃんけん大会





台風一過の18日、吉田さんのランニング教室の4回目開催しました。
最初のときに比べると人数は2倍に増えました。

このランニング教室は、まず姿勢を良くすることから始めます。
姿勢が良くなれば、故障しないで速く走ることができます。
下の写真は、ワクくんの2ヶ月後の走る姿勢です。

最初はこうでしたが、2ヶ月後は ↓


yuko企画「鈴ヶ沢の伝統野菜に寄り添ってみませんか。≪第3回≫鈴ヶ沢なすを味わおう」

霧けむるシトシト雨の昨日、和合のお寺で寺小屋風、なすの勉強会。

遠く宮崎県から佐渡原なすが来てくれました。このなすは和合の鈴ヶ沢なすと遺伝的にとても似ているといわれています。

そして南信州の伝統野菜、天龍村のていざなす、喬木村のしげ子なすの4種類の違いを
見て、触って、話し合って、味わって深くふかく掘り下げてみました!

結論!鈴ヶ沢なすが一番ウマイ!!(これは投稿者の個人的意見)