作者別: ゆみさん

静子さんの畑苗代の苗は今年も立派です。

3本に分けつして、背丈もしっかり伸びていて、まさに「玉苗」!

姉妹が集まって
ホーホケキョをBGMに和やかな楽しい田植えです。

いよいよ終わりに近づいた頃、あとちょっとの苗が足りなくなって、苗取りに入る静子さん。

苗取りの速さはまさに神業~



和合の入り口、和合へ向かう県道と日吉へ向かう県道の交差点に小さなお花畑があります。

東部(巾川、帯川を合わせた集落)の人たちがお花畑の整備をしていました。

綺麗なお花畑になりました。

早く観に行かないと。

 


 

巾川の「熊野社」の看板がある山道を

登るのは、意外にハードであります f(^^)

登って、のぼって。

まだまだ登って。息が切れた頃に

 

石段が現れ

お社に辿りつきます。

小山のてっぺん。

お社の向こうは和知野ダム。

とても清々しいところです。

 



IMG_1880

決して悪いことしているのではありません!

たまたま怪しい男性だけのショットになってしまいました f^^

たくさん美しい女性も参加していたのに‥

今日は、Yukoが昨年春から仕込み、お世話をしてくれた
お醤油を絞っているのです!(@和合 バルバパパ)

なんたら美味しいお醤油を絞る感動‥。

ゆうこちゃ、ときくん(お醤油先生=フタバくんのお父さん)、皆様ありがとうございました〜♪


IMG_1849

こんな寒い日に駒ヶ根から田んぼつくりに通ってる方が落ち葉をかいていらっしゃってびっくり。

思わず声をかけさせてもらう。

「いやー、側溝のこっち側は町でもかいてくれんし、気になってたもんで」とのこと。脱帽。本当にお疲れ様です。


IMG_1782

昨年から使い始め火鉢初心者の私。

私:「どうも炭が消えちゃうんだよね」
さよさ:「へいぼ(灰)がへぼいんだら。毎年冬の終わりに全部入れ替えるんだに。そして冬の始めに藁を焼いて(40束くらい)新らしい灰を入れるんな」

炭は冬の始めに火を入れるとそのままずっと春まで繋げるという話は聞いていた。

寝る前に灰をかけておいて、朝、灰をどけるとすぐに炭の火が興って暖かい。なんて素晴らしい知恵の集積。


IMG_1808
IMG_1818

「寒い、さむい」と言いながら、凍み大根づくりをしました。

鍋のお湯が沸き、朝日が昇るとかじかんだ手足がまた温かくなり順調に仕事がはかどりました。

茹でた大根の甘い匂いに包まれながら、昔話を聞きながら、笑ってわらって幸せな冬の1日。

これから、夜凍って、昼間とけて、寒風にさらされながら1ヶ月余りかかってやっと出来上がる凍み大根。

楽しみ、楽しみ。