親子で山村留学

南信州の超小規模小学校へ

親子山村留学はいかがでしょうか

top001

先生たちと一緒にお花見に行きました

和合小学校より

和合小学校は、全校児童数7名の小さな学校です。子どもたちは豊かな自然の中で、清流和合川での川遊びや米・伝統野菜づくり、伝統芸能の念仏踊りを学び、伸び伸びと心豊かに学校生活を送っています。

本校では少人数ならではの良さを生かし、一人ひとりを大切に個に応じた指導・支援を行っています。子どもたちが「できた」「わかった」と実感できる学習を進め、みんなが家族のような、安心して学習や生活が出来る学校です。

「和合」という地名は「仲良く暮らそう」と先人の方々が相談し命名したと伝えられ、地域の皆さんは和やかに助け合って暮らし、「子どもは地域の宝」と考え学校を支えて下さっています。とても素敵な地域であり、そして素敵な人たちです。この和合の地域から、いつまでも元気な子どもたちの声が響いてほしいと願っています。

 

PTA会長より

学校ではいじめ、家に帰ればスマホとゲーム、もしくは塾と習い事、外に出れば〝不審者〟騒動。

今や都会は楽しい子ども時代を過ごせる場所ではなくなってしまったのではないでしょうか!

さて、狭い日本ですが、少し街を離れて〝過疎地〟と呼ばれる山村へ入ると、まだまだのんびりした別世界があります。ここ長野県の南端、阿南町和合地区もまさにそんなところで、和合小学校はその地区の人々が学び、育ち、作り、そして愛してきた学校です。

この小学校が今、子どもの減少で存続の危機を迎えています。そこで私たちが考えたのが親子での山村留学の受け入れです。

ゆっくり流れる時間、豊かな自然環境の中で、地域の人に見守られながらの楽しい小学生生活を子どもさんに送らせてあげませんか。(そして、結果的に私たちの小学校を支えて下さいませんか。)

都会にあるものではなく、無いものを求める方がおいで下さるのをお待ちしています。

 

⚫︎和合カメラ内の夏祭りの写真は こちらでどうぞ。
⚫︎和合小学校の地図は こちら

 

 

jugyou

一人ひとり自分のしたいことができる学校です (児童より)

kawaasobi

夏の楽しみは川遊び! (児童より)

taue

子どもたちは「かしこく」「やさしく」「たくましく」自然の中で元気よく生活しています (地元男性70代)

和合カメラでの小学校についての投稿はこちら

募集について

小学生1名以上、保護者1名以上で和合地区に居住できる方(若干組)

暮らしの環境など

⚫︎住宅は町営住宅や空き家をあっせんします。家賃は2万円代以下、徒歩通学圏内。

⚫︎公共交通機関が少ないので、車はあったほうがいいです。

⚫︎医療機関は、地区内の診療所(小学校から徒歩5分)に週3日医師が勤務、総合病院(県立阿南病院)へは車で約30分。

⚫︎スーパー、保育園、図書館などへは車で約20分。

⚫︎野菜作りや伝統芸能参加も可能です。

⚫︎地元もできる限り、負担の多いマチとの二重生活を応援します。

⚫︎和合小学校HP http://www.mis.janis.or.jp/~wagosc/ で小学校の様子を見ることができます。

和合地区、和合小学校の見学は随時可能ですのでご連絡ください。

お問い合わせは

和合小学校PTA内 親子山村留学実行委員会

電話 0260−24−2822(PTA会長 小掠)

e-mail : メールはwagou.genki@gmail.comへ